日曜の朝にはYAMAHAに乗ろう

gambagx850.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 19日

X-ADV と SCR950


気になる二台に乗ってきました。

 TX650から乗り替えるつもりではないのですが、もしかしたら気が変わってしまうかもしれないので気に成るバイクに乗ってきましたよ。手をかけつつ古いバイクに乗り続けるのはバイク乗りの一つの楽しみの世界では有るのですが、何の心配も無くロングツーリングに向かえる現代のバイクにも魅力を感じるのも正直な所です。もし乗り換えるなんてことがあったならばまったく違うカテゴリィに乗ったほうが知らない世界があるのではないだろうかと思ったしだいです。

 
a0290247_17162547.jpg
 最近出たバイクで一番気になっているのがHONDA X-ADVなんですよ。何度も書いていますが、私はOFF風味の入ったバイクが好きなんですが、ここまではっきりした『へんてこな』スクーターは最近の私の好みの中では大ヒットなんですよ。このバイクで絶対にラフロードなんて入り込まないのは判っているのですが、見た目のごついアドベンチャー風味にすっかり魅了されました。絶対にラフロードなんか行かないのにTOYOTA FJクルーザーに乗るようなものです。OFF風味の足回りにセミブロックタイヤがなんともいいです。エンジンはNC750(インテグラ)譲りのDCTミッションですからシフト操作の無い頭の良いコンピューターにお任せライディングです。以前乗ったNC700Xの驚きの異次元ライドを思い出してもより頭の良くなったであろうミッションは楽しみの一つです。
 暖機が終わってから受け取ります、最近のサイレンサーは新しい規制に合わせていて結構元気な音がするんですよね、これも暖機中に聴いているとかなり低音の快音を発していましたよ。結構『よっこらしょ』と跨って走り始めますとローの繋がりが結構唐突でのけぞったけど、それ以外はまぁ頭のいいこと、街中じゃ3速までしか入らなかったけどシフトはスームスだし、凄い力持ちでTX650の5割り増しの力感で加速する。慣れない左手のリアブレーキがかなり強力に効くので焦るが前後レバーのどちらかがコンバインドなので安心して減速する、効きもよくコントロールもしやすい。シフトダウンもカチカチという音が聞こえてショックも無くダウンする。液晶の情報が一杯のメーターは全く見ることが出来なかった(笑)、時々何速に入っているか見る程度で、スピード表示もバー表示のタコメーターも一切見ることが出来なかった。
 信号待ちで足を出すとわたしの身長でつま先の親指の付け根まで届くので安心、かかとは無理。以前GSに乗っていた頃を思えば問題なく足が届く感じ。残念ながら100%街中の混雑した中だけの試乗だったので加速もほどほどしか試せなかったし、コーナーリングも交差点だけだったけど、後から思い出してこうして書いていても印象が薄い乗り味だった。過激なアドベンチャーなところはまったく無しです、当たり前でしょうけど。
 これでロングツーリングに行ったら運転以外に気を回せて色んな景色を眺めながら悠々と走れそう、荷物もシート下に大半が入っちゃうだろうし、ロングはいいんじゃないかな。私の不得意な高速走行も今まで以上に楽ちんに距離を稼げそう。
 ただね、本当に印象が薄いの、バイクに何か、鼓動とか生き物的なものを求めるには全く向いていなくて淡々としているの。でもそれがこのバイク(スクーター?)のいい所なんですね、古いバイクに楽しみを求めるおじさんには割り切りが必要ですね。

a0290247_17162470.jpg
 そして、今度はYAMAHA SCR950にも乗ってきました。
BOLTのエンジン/車体を前後のサスペンションを伸ばして少しサイレンサーも跳ね上げているデザインです。実物はかなり格好良く、跨るまではこれはいいんじゃないか?と思ったのです。暖機後に車体を受け取って跨ってまずはビックリしたのはシートが硬いこと、これはアリなのかもしれないけどビックリしました。そして、跨ったとたんに判る右ひざの収まりの悪さ、エアクリーナーボックスがシリンダー横に張り出しているのですが、HDスポーツスターの比じゃない、膝頭の内側にガツガツ当たる、ガニ股で乗るしかないのかな?GUZZIのシリンダーヘッドカバーが膝に当たるのとは種類の違う違和感。ポジションはアップライトで幅広いハンドルなのはX-ADVと同じで好みでした。エンジンはもちろん力持ちで、インジェクションの調教も文句無く、好みの高めのギアでのユルユルとした走行も全く愚図りもせずに受け付けてくれ、新しい規制のサイレンサーは結構良い音が耳に届きます。X-ADVとは違うのはこっちはオートバイに乗っている感じがしっかりすること、当たり前だけどスクーターじゃないのは大切な事なんだなと再確認。江戸川の土手沿いの道を結構楽しく試乗してこういう使い方には合っているなぁと思いました、ロングツーリングの良いお供になりそうです。
 お店に帰って細部を確認すると、右膝は苦しいけど、左膝は後のシリンダーヘッドを押さえる様になっているのに熱くないのは不思議だなぁとよく見たら、なんとヘッドカバーの上に樹脂のカバーがもう一枚乗っていることを発見。ナンダこりゃ。ずいぶんボリュームの有るシリンダーヘッドだなと思ったけど、まさか樹脂のカバーが乗っているとは、前のシリンダーも同じ構造だった。ちょっとギミックが効きすぎている感じ、こういうのはオーナーになってから結構がっかりするポイントなんだよなぁ。それとこれは完全に私の好みの問題なんだけど、黒い塗装のエキゾーストは嫌いなんですよ、SCR950はエキパイからサイレンサーまでつや消しの黒い塗装なんですよ、私はこれは嫌いなの、時間と共に錆から逃げられないし、中途半端に磨くとつや消しが変に光るでしょう?うーん、乗り味が良かっただけに下らない細部が気になってしまったが残念、自分が気にし過ぎなのは棚に上げて。

 さて、立て続けに二台に乗りましたが、バイクとして真っ当に楽しいのはSCR950でした。ハンドリングも穏やかですし、力持ちで乗っていて楽しい。X-ADVは今までの考えをすっぱり入れ替えて乗ることが必要。
 簡単にTXから乗り換えられるのはSCR950です、明日からこれで遊びますと言われればそのまま行けます。でも、今までの生活をガラッと変えて、新しい乗り物に乗り始めるんだと思うならX-ADVですね。
 さて、私が乗るならどっちかな?TX650みたいなのに乗っているからSCR950の方が真っ当だと思えますよね、YAMAHAだし。でも、わざわざTX650から乗り換えるならば全く新しい世界に足を踏み入れる意味でX-AVDの方を選びます。異次元ライドはけっこう刺激的ですよ。



















.


[PR]

by gambaGX850 | 2017-06-19 05:27 | TX650 | Comments(10)
Commented by TC at 2017-06-19 09:20 x
Mr. gamba

こんにちは。

これはまた面白い二台に試乗してきたのですね。
そんなに排気量がスクーターが登場するなんて夢にも思ってませんでしたが、流行っているのでしょうか。
自分の記憶だと東京にいた時にホンダの250ccのスクーターを乗っている友達がおりまして、よく後ろに乗せてもらって都内を走り回っていました。

ヤマハの方はスクランブラー風とでも呼べば良いのでしょうか。自分にはあまり馴染みのないスタイルですが、モトクロッサーの前身に当たるのでしょうね。

先日友人からホンダCRF450の街乗り仕様を借りてきて、乗り回しています。最近やけにスーパーモトがきになるんですよ。

have a nice day!
Commented by gambaGX850 at 2017-06-19 20:55
>TCさん 面白そうな二台でしょう?
大きなスクーターはこの十年近く前からずいぶん出ていますね。
わたしも子どもの小さな時に250で保育園通いをしていました。
ヤマハのほうはSCRというくらいでスクランブラーですね。
このところ色んなメーカーが出していますね。

CRF450のモタードですか?
それは反則技の無敵バイクでしょう!
Commented by makkuroGS at 2017-06-20 00:33
最近、スクランブラーというジャンルに各メーカー狙いをつけてますね。
自分もXR400モタードをフロント19inオフタイヤで、そのジャンルっぽく仕上げたつもりですが、やはり小排気量シングルなので、迫力ないんですよね。
X-ADVは、海外ネタのころから目をつけていて、軍資金?を貯めていたのですが、GSの修理に出費となりずっと先のことになりそうです。
試乗したら...やばいですね。我慢しておきますです。
BMWの310シリーズにもスクランブラージャンルが出そうなので、そっちに気が変わるかも?
Commented by gambaGX850 at 2017-06-20 06:00
>makkuroGSさん スクランブラーが一番かっこいいのがTriumphですね。老舗です。
makkuroGSさんのXR400はかっこいいですよ!GSと同じサイズのタイヤを履かせているなんてナイスです!

X-ADVはチョイノリじゃ判らない良さが有りそうです。
街中の試乗でしたが、もっと乗りたいなと思いました。
知らない街中での試乗なので周りに気が行ってしまい乗ることに集中できませんでした。
Commented by ビポストべベル at 2017-06-20 14:22 x
こんにちは。いつも楽しく拝見しています。

新しいバイクで、目的地の楽しみや、道や天気だけを気にすればいいというのは私も
たまに憧れることです。でも、物足りなさがすぐにやってくるのでは、とも思います。
先日炎天下を走った後の再始動でどうにも掛からなくなり、アクセル全開でキックとか色々試みていたら
バックファイアとともに、吹き返していたガスに火が付きました。
すぐに吹き消しましたが、この日ばかりはもっと気軽に付き合えるバイクが欲しくなりました…

だけど、ガンバさんのおっしゃるように現行車によくあるギミックのようなディティールは、
やっぱり気になってしまいますし、走る道具としてシンプルだという部分が夢中にさせるバイク、
どうせなら構造もシンプルな旧い奴がイイという気分があります。
まぁ空いてる道を加速していくときなんかには、コイツが最高だ!と心からおもうのですが。

ところでスクーターの話ですが、ガンバさんの中でバイクみたいなスクーター、ハンドチェンジ・ベスパの
評価は低いのでしょうか?お聞かせ下さい。
Commented by gambaGX850 at 2017-06-20 17:55
>ビポストベベルさん コメントをありがとうございます。

色んな所に手を入れつつ古いバイクに乗るというのは面倒ながらも楽しみも大きいですよね。
時々『コンニャロー!』と思うことも有りますが、それはそれ。
自分で整備した古いバイクでロングツーリングにユルユルと出かけるというのはなんとも楽しく、いい趣味だと思うのですよ。

さて、べスパですが、もう消去してしまった古いブログにかなり書いたのですが、私はP200に数年乗っていました。ほぼ100%通勤でした、ツーリングは北関東に一度行ったきりでした。
ハンドシフトのべスパは本当に楽しく、独特の乗り味でずいぶん笑顔になりました。
そののちの4ストATのべスパも何度も乗りましたが、時代が変わっても同じスポーティーなハンドリングにニンマリしたものです。
2ストのハンドチェンジのべスパは大好物です、評価はもちろん高いです。
又、デザインがいいのもべスパのいい所ですよね!
Commented by postpapa at 2017-06-24 10:04 x
XーADV試乗されたんですね。
跨ったことしかありませんが、結構シート高いんだなと思いました。
最近ハーレー乗ってるから余計に感じたんだと思います。
これでツーリングシーンを想像してみたんですが、なんかピンと来ませんでした。
もう少しタンク容量が欲しいところです。
走ったら楽しいかどうか別にして、楽ちんだろうなと思って眺めてました。
ヤマハもTMAXベースで出さないかなぁ・・・
SCRのエアクリは酷いですね。
跨るともろに膝にあたるので、引きちぎってぶん投げたいくらいです(笑)
シートももう少し厚みが欲しい所ですが、この辺はオーナーで勝手にやっちゃってねって所でしょうか。
それでも新しいモデルが出て来ると、素直に嬉しいなと感じます(笑)
Commented by gambaGX850 at 2017-06-24 19:49
>postopapaさん X-ADVは楽しかったですよ。
NC700に較べるとかなり頭の良くなったDCTでしたが、それがとても良かったです。
雰囲気物かもしれませんが、こういうのは好きです。
T-MAXベースだったら絶対に行ったのになぁって思います。
SCRの右ひざはどうしようもないですね、私はこれでツーリングをする勇気が出ません。
長い時間乗ったら絶対にひざが痛いし、変なライディングポジションで身体に無理が掛かるはずです。

そう、でも新しいモデルが出て乗れると非常に楽しく嬉しいです。 
Commented by 爺S馬力 at 2017-06-25 02:41 x
ご無沙汰しています。X-ADVは久し振りのHONDAらしい提案だと思います。DCTのおりこうさんを享受したバイクらしいバイクと言えば・・・新アフリカツイン。ガンバさんも僕も好きだったGSの世界が詰まってますよー。
かく言う私は、下駄が欲しくなりこの歳になりスクーターが気になりはじめました。
VESPAが欲しい(笑)
Commented by gambaGX850 at 2017-06-25 07:50
>爺S馬力さん こちらではお久しぶりです。
わたしもX-ADVはホンダらしいなぁと思います。
PS250とかやっちゃったぜ!見たいな感じがします。
ですから、(日本では)あまりヒットせずに終わってしまう気もして、買うなら早目がいいかな?とも思っています。

アフリカツインはとても魅力的ですが、あまり背の高いバイクはもう面倒かな?と思い始めています。
跨った感じではGSよりは小ぶりでしたけど。

Vespa、買って下さい(笑)。


<< 思い出のバイク GX400SP      そして微調整で >>