日曜の朝にはYAMAHAに乗ろう

gambagx850.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:T90D タウンメイト( 21 )


2017年 05月 02日

メイトのメインテナンス

タウンメイト90、一年に一度のメインテナンス。

 毎年この時期にアップしている同じような話です。
わたしの通勤快速のタウンメイト90はよほどの荒天の時以外はほぼ毎日裏道通勤の足となって働いてくれています。最近はTWでの通勤もあるので以前に較べれば走る距離は少なく成ってしまいましたが、それでも健気に走り続けています。
 2008年4月に新車で買って以来大きなトラブルも無く走っています。バイクの新車を買うなんて、例えメイトであっても、わたしにとって本当に久しぶりの事でちょっと思い出してみてもFreeway250を買った28年前以来かもしれません。私の好みのバイクは比較的不人気車が多いので安価な中古車を乗り継いで来ておりました。(その割には車は中古車を買わない)

 さて、がんばって走っているメイト90ですが、メインテナンスに関してはほとんど一年に一度だけで済ませてしまっています。タイヤの空気を見るとか、掃除するのは時々しますが、タイヤ交換以外で面倒を見るのは毎年5月の連休前後にしているだけです。それでも全く文句を言わずに走り続ける愛い奴です。

 
a0290247_18421463.jpg
 少し暖機した後にオイルを抜きます。今回は一年で1550kmしか走っていないのでどんなもんだろうかと思いましたが、やはり出てくるオイルは墨汁でした。小さなエンジンはいつも高回転で回っているので厳しいんですよね。前回はちょっと良いオイルを入れてあげました。
 ドレンボルトの頭は12mm、ネジの径も12mmという変わったドレンボルトです。今回はワッシャーも交換しましょう。

 
a0290247_18421402.jpg
 TX650用に買っておいたオイルがちょうど1ℓ残っていたのでこれを入れます。50番だから少し硬いかもしれませんが、あまり関係ないし、気にした事もありません。800cc入りますのではじめに200cc抜いた後に800cc全量入れてしまいます。このエンジンはオイルの抜けが良いので問題無く指定量入れてしまいます。


 
a0290247_18421506.jpg
 ついでにチェーンの遊びも調整して注油しておきます。以前はチェーンソーのオイルをまぶしていました(結構いいけど、チェーンケースの無いバイクは止めたほうがいいかも)が、今回はヤマルーブのチェーンオイルを。
 たっぷりつけて余分な分を拭き取っておきます。私はチェーンを強く引くのは好きじゃないので少し大きめの遊び量で調整します。TXもそうですが、あまり引き過ぎはいいことが有りませんので適正範囲の多目の遊びです。しかし今のチェーンは丈夫で一年に一度の調整で全く問題なく走りますね。428サイズのチェーンですが、これはTWと同じですよ、メイトが凄いんじゃなくてチェーンが凄いんですね。(最近のSR400ですら428ですものね)

 
a0290247_18421589.jpg
 外したチェーンケースの下側も掃除しておきます。昨年はかなりオイルまみれの泥が積もっていましたが、今年はほとんど積もっていませんでした。大きなマイナスドライバーでこそげ取ってお終いです。

 雨避けのレッグカバーも外して掃除します。
 
a0290247_18421403.jpg
 スレームを含めて全ての部分をプレクサスで拭き磨きです。プレクサスは本当に綺麗にピカピカになりますね。少し高いけど、色んな所に使えて便利です。ヘルメットのシールドを拭くのが一番便利です。

 
a0290247_18421371.jpg
 なんだか妙に綺麗になってメイト90君も嬉しそうなんですよ。たいしたお手入れもしてあげないのに健気でいい奴です。死ぬ前日まで乗ってあげたい。

 
a0290247_18421655.jpg
 レッグカバーを外したついでにここでも静電気除去チューンしましょう。エアクリーナーボックスのふたの裏側、ケース本体、キャブに繋がるチューブ、キャブレターのフロートチャンバー、インテイクマニホールドと吸気経路全てに貼り付けてみました。他のバイク、車では効果を体感できていませんが、メイトではどうでしょうか。
 乗って体感できるほどの効果が有れば凄い事ですけどね。信じるものは救われるのですよ、きっと。

 
 冗談半分で入れたブロックタイヤが後ばかり減ってしまい、年内には交換しなくてはいけない感じ。後ろだけもう一度入れようか、それとも前後いっぺんに交換してちゃんとしたロードタイヤを入れようか思案中です。ロードタイヤを入れるならば、ノーマルより太めの14インチのスクーター用のタイヤを入れてビッグフットにしてやろうかなんて考えています、2.75-14を110/80-14位ならいけそうなんですが。たぶん良い事はなにも無いでしょうが、見た目だけの遊びをしたいなと思っているのです。(メイトのTW化(笑))

翌日からさっそく通勤に使い始めましたが、オイル交換の変化も無く、いつものように淡々と走りました。良い子だ。



















.

[PR]

by gambaGX850 | 2017-05-02 05:30 | T90D タウンメイト | Comments(10)
2016年 11月 21日

タウンメイトあれこれ

 私の通勤快速タウンメイト90のあれこれ。

 8年前の春に導入した私のタウンメイト90です、雨だろうがなんだろうが健気に通勤の足となり走り続けています。酷い扱いををしているつもりはありませんが、1年に一度しかオイルは交換しませんし、チェーンの調整もその時に注油と同時にするだけです。空気が減ったなぁと思ったら入れますが、往々にして面倒だなぁと思います。毎週末乗っているTX650にはあんだけ気を使いメインテナンスを入れるのにメイト君はほぼ乗りっぱなしです。

 先週恒例のちびっ子里山ツーリングに行き秩父まで往復260kmほど走りました。道中は快調に走っていたのですが、山越えではセカンドでは登らずローに入れてガーガー走ったり、3速で登らない所では2速でありえないような引っ張り方もしました。

 
a0290247_10545691.jpg
 里山に行ったのが土曜日。日曜にはTXに乗って朝練、月曜日はメイトを休ませるためにTWで通勤、そして火曜日の朝。いつものように家の前でエンジンを掛けようとしたらキックが無抵抗で降りちゃうの、まるで圧縮の無いエンジンで、ヴァルヴが開きっぱなしか?という位の無抵抗ぶりに焦りました。あらぁ、エンジン逝っちゃったのか?と朝から焦りましたが、無理やりキックしていたらひょんな拍子でエンジン始動しました。おぉラッキーちょっと暖機してスタートするとローでは走るものの、2速に入れた途端クラッチが滑りまくってエンジンは空転、前に進まず。アセって3速に入れても全く同じ状態。
 完全にクラッチが滑っている、どうなってんだこれ?ツーリングの帰りは普通に走っていたじゃないか、どういうことなんだ?・・・エンジンが温まってくると普段の2/3位のスピードしか出ないけど、何とか走るようになったので騙し騙し職場まで。その間頭の中は原因と解決策と部品の手配なんかでぐるぐる巡ってしまいました。
 私の記憶が間違っていなければ、タウンメイトのクラッチはローはスクーターと同じような遠心式のローターにフリクション材を押し付けるタイプで、2.3速が通常のバイクのようなクラッチ板とフリクションプレートを押し付けるタイプに分かれているはず。今回滑りを感じるのは2.3速なので酷使でクラッチプレートが焼けちゃったのかな?と想像しました。暖機が進むとほぼ普通に走るようになったので重症ではないと判断して、悪あがきをすることにした。
 外側から触れる唯一の場所、クラッチの当たり調整をします。ロックナットを緩めて真ん中の+ネジを右に締めようとしたら全く回せ無い、完全に詰まっている状態。左に回して緩めて僅かに遊びを作り、ロックナットを締めないでエンジン始動、そのまま僅かに試乗するとなんと普通に走った。シフトチェンジも問題なし、2.3速でも滑らず、直った。+ネジを1/4回転ほど戻した位置でロックナットを締めて固定。仕事が終わり帰路はいつもより遠回り&坂道があるルートを走るが全く問題なく走る。
 ツーリングでクラッチを酷使したから調整幅を超えて突き上げていた?それでクラッチが僅かに切れた状態だった?減ると詰まる方向になるの?減ると緩む方向になるのかとずっと思っていたけど?
 上手く理解できないまま直ったからよしとする、そのまま普通に一週間走った。問題なしでした。


 
a0290247_10545768.jpg
 これがその調整の部分の展開図。
22のナットを緩め、20の先にある+ネジを回して当たりの調整をする。大抵は20を右に当たるまで締めて1/8~1/4戻してロックすると丁度いいはず。
 今回パーツリストを見て不思議に思ったのは20の部品はクラッチ本体を貫通する部品を押しているのかと思っていたのに、19という部品(アームシャフト・3というそっけない名前の部品)への当たり調整をしていることが判り、一体どのような機構でクラッチの切れる位置の調整をしているのか頭の中で展開できないのです。
 何だこれ?じっくり考えましょう。エンジンを開けて実物を動かすと判るんだけどなぁ。15のベアリングホルダーの押す量を調整しているのかなぁ?16にスプリングも入っているしなぁ。


 
a0290247_10545559.jpg
 8年前(2008)の春から10000㎞走ったのが、ちょうど4年後の2012年4月のことでした。年間2500kmですが、初めの年は嬉しかったので3000km以上走った記録があるので徐々に距離は落ちていくのです。毎日の裏道通勤では往復12km程度で20日通っても240kmですが、実際は160kmほどの使い方でちょうど月一給油という感じでした。元々街乗りだから燃費も良くなく35km走ればいいほうで、30を超えた辺りでウロウロ、TW225Eとほとんど変わらないくらい。
 でも、今回クラッチの滑りを感じた時に思ったのは体感できないほど微妙に滑り続けていた時期があったんじゃないのか?それでここ最近燃費が悪かったのかも知れんぞ?と思うようにもなりました。
 調整後しっかり走らせて確認ですね。

 
 
a0290247_10545656.jpg
 先日の里山ツーリングの往きに秋葉原辺りで撮ったメーターです。このあとパトカーに停められてテイル球が切れているとしかられた。
 帰宅後に距離を確認したら19820kmだったからあと少しで20000kmに届く。初めの10000kmは4年掛かったけど、4年半でもまだ届かない。ここ最近は通勤にTWの出番も多く伸びませんが、まぁゆっくり距離を進めていきましょう。


 
a0290247_10545636.jpg
 インスタグラムでフォローしている、XS/TX650に強いバイク屋さんのsamiさんが先日アップした1965年のメイト50(U5というモデル)です。YAMAHAメイト50は何年から作られているのか調べていませんが、極初期の頃の物でしょう?
 ホンダC100カブも初期型は素敵なデザインですが、このメイトもいいですねぇ。アンダーボーンのプレスフレームのビジネスバイクはカワサキですら造っていたんですからHONDAカブの凄さは判りますね。今はバーディーが細々と生き永らえていますが、メイトは消滅してしまいました。
 そんなことはどうでもいい、このパイプハンドルが付いたタイプの実用車は大好きです、カブもプレスハンドルよりパイプハンドルの付いたポートカブとかスポーツカブのほうが好ましく思えるのです。あとね、プレス加工で造られているリアキャリア、しかも塗装物、やはりコストの掛け方が違いますね。このような好ましいデザインのバイクでちびっ子里山ツーリングできたら楽しいでしょうねぇ、でもこれじゃぁ厳しいなぁきっと。


 そんなこんなのタウンメイトの話でした。



















.





[PR]

by gambaGX850 | 2016-11-21 05:34 | T90D タウンメイト | Comments(8)
2016年 11月 13日

秋のちびっ子里山ツーリング(第6回)

今年もちびっ子里山ツーリングの季節となりました。

 毎年、春と秋に行われるいい歳のおじさんが乗るちびっ子(原付二種まで)の運動会です。毎回埼玉の奥部の奥武蔵の低い山々を走り回ります。今回はちゃんと秩父市に進行し、秩父を走ったとえばれるようにしましたよ。

 
a0290247_14084911.jpg
 出発早いです。待ち合わせ場所が埼玉県央の川島のスターバックスに8時ですから、タウンメイト90で60km先の待ち合わせ場所には2時間近く掛かります。この季節まだ日の昇らぬうちに出発となります。いつもの犬の散歩時間より早めに起きて犬の散歩ののち出発です。
 この日の朝は前日の雨のお陰で気温が高く助かりましたが、向かう先は寒いんだろうなぁ。

 うちから人形町を抜け、神保町を曲がって目白通りへ。後楽園ドームの前を通過すると後から凄い勢いでパトカーが追いかけてきて『前方のバイク停車してください!』って急にスピーカーで呼び止められてビックリ、俺違反をするほどスピード出ないよって憤然として路肩に停まると、若い警官が『尾燈が切れています』って言うのよ、そんなもん切れているわけねぇだろうって覗き込んだら本当に切れてた(笑)。でもブレーキランプは点くし、もうだいぶ明るくなって来ているから関係ないねって言ったら、ではアルコール検査をします、ふぅ~してくださいって。おまえ最初からそっちが目的なんじゃないのか?と思ったけど、元々酒を飲まない私は関係なく、じゃぁどっかのホームセンターで球を買うからってそそくさとメイトに跨って出発しました。
 
 戸田橋を渡るまではおとなしく国道17号を走り(荒川を渡るといち段冷える)、最近随分と裏道を覚えて来たのであとはひたすら裏街道を川越方面へ国道16号を突っ切り、そこから再び裏街道を川島まで。ほぼ60kmを2時間掛からずに走れる様になりました。
 
 待ち合わせ場所には自慢のマシンが集まり始めます。
 
a0290247_14084937.jpg
 ブロックタイヤを履かせた実用車の記念撮影。奥からリトルカブ、タウンメイト、行灯カブの3台です。実用車にブロックタイヤを履かせるのが最近のトレンド(笑)。

 
a0290247_14084939.jpg
 みんな集まったらミーティングです。今回は13台集まりました。女性二人を含むいい年したおっさんばかりが神妙に話を聞きます(うそ)。簡単に今日のルート説明と昼飯の相談です。

 
a0290247_14085085.jpg
 毎回のお楽しみはドカマンさんが作ってくれる参加証兼記念のステッカー、毎回嗜好を凝らしたデザインです。今回は第六回になります。私は事故で足の骨を折った第三回以外は皆勤賞ですが、おこぼれでステッカーだけはいただきました(一番上)。
 レッグシールドの内側に貼っていきますが、左側にはこれのほかに『しまなみ海道』編や『真冬のダート』編などの特別賞も有り貼りきれないので、右側に四枚目を貼りました。

 さぁ、ステッカーを貼ったら出発です。 ステッカーはその場で貼るのがルール。

 
a0290247_14085078.jpg
 見覚えのあるルートを走るのですが、もう途中から判らなくなりました。13台の原付二種が力いっぱい走るのですが、その格好と必死具合がおかしくて乗っているだけで自然と笑がこみ上げてくるのはいつものこと。普段は大きいのに乗って(GUZZIとかDUCATIとかね)いるおじさんたちだから上手いことは確かなんですが、妙に危なっかしく見えておかしいのはなぜ?
 そうこうしている内に第一の目的地白石峠に到着、自転車でも有名な所らしく、途中何台もロードレーサーを抜いた。タウンメイトでさえ2速でヒーヒーいって登るのに自転車の人は本当に健脚。

 
a0290247_14085641.jpg
 峠のもう一段上は天文台になっていてそこからの景色は素晴らしかった。こちら側は秩父方面かな?もう一方は関東平野が見渡せて新宿の高層ビル郡のシルエットも見えた、でも逆光で写真には白く写るだけでした。
 朝は寒かったもののこの時間では着込んでいると暑い位でした。最高のシチュエーションでコーヒーを淹れてもらい飲みました。やっぱり一味違うよね!

 
a0290247_14085604.jpg
 天文台を仰ぐようにして記念撮影。CL50改、XL50改、XE75改にタウンメイト90。エンジンに手が入っているこれらのバイクは速くて勝負に成りませぬ。

 
a0290247_14085779.jpg
 話は前後しちゃったけど、コーヒーを飲む時のお約束はYAMAHAのマグカップですね!毎回のHONDAとの勝負です。今回残念ながらSUZUKIの参加はなかったですが、鈴菌の人はもちろん純正湯(油)呑みですよね。私も静岡名車の湯(油)呑みを持っています。

 
a0290247_14085786.jpg
 走行写真が全然なかったのですが、やっと一枚まともなのが撮れました。このような前日の雨のせいで濡れ落ち葉の舗装林道を走りました。登りはまだいいのですが、スピードの乗る下りでの濡れ落ち葉は怖かったですね。登りは登りでパワー不足のタウンメイトは2速でヒーヒー、時にはローに入れる始末、エンジンがかわいそう。

 
a0290247_14114207.jpg
 山筋を降りきり、秩父市内へ。秩父八十八ヵ所めぐりの一番札所のお寺へ。ここの紅葉はとても綺麗でした。私はあまり紅葉とかに興味がなく、しかもその季節は山が混むので好きじゃないのですが、風流を解さない私でもこのような風景は非常にいいもんだなぁと思いました。もっとじじいに成ったらこういうものを愛でる世界も有りかなとも思う。(けどどうなんだろうな?(笑))
 秩父市内は紅葉見物の人たちでしょうか、思ったより混雑していて渋滞していました。その中を私たちと同じようないい年したおじさんたちがカブを連ねて走っているのと擦れ違い、同じような事をやっているんだなぁっておかしくなりました。向こうの人も笑っていましたっけ。

 
a0290247_14114843.jpg
 少し遅めのお昼に冷たいうどんを頂きとても美味かった。やはり関東といえばうどんなんだよね。
駐車場で先ほど給油したときに買ったテイル球を交換しました。くだらないことで警察の御用になりたくないし、不要な諍いは避けたいからね。

 お昼を食べた後、あしがくぼの道の駅の前で自然解散となりました。それぞれが帰りやすい道を選びますが、私は集合地点の川島のスタバまでみんなと戻ることにしました。帰りもひとつ山越えがあるのですが、入り込んで行ったらなんと工事通行止め、工事のおじさんの態度は横柄で腹も立ちましたが、致し方なし。もう一本別の道で山越えを敢行するもとんでもない坂道でローでもやっと登れるかというほどの激坂でした。
 何とか平地まで戻り、スタバの駐車場でこれからコーヒーするという友人達と別れ一人帰宅の途に付きます。
朝来た通りに帰りましたが、さすがに車は多く、気分よく走る訳には行きませんでしたが、それでも随分スムースに暗くなった裏道を走り続けます。土曜日とか休日の夕刻は埼玉県内は混んでいますが、都内に入って中心部に近づくとどんどん空いてきて楽ですね。

 
a0290247_14115227.jpg
 何とか6時過ぎに帰宅しました。実質12時間以上掛かったツーリングでしたが、とても楽しくて充実感がありました。帰りは毎回うんざりするのですが、今回は何だかスムースに走れたことも有り、疲れが少なかったです。
 すぐにお風呂にゆっくりと浸かり身体をふやかしたらなんだか、非常に心地い疲れで体がぼんやりしました。
今回遊んでくれた皆さんありがとうございました。また、秩父の山道をアテンドしてくれたTKさん、本当にありがとうございました。初めてのコースはとても面白く、明日以降地図でコースを詳細に確認するつもりです。

 本日の走行 258km 結構走ったね!よくがんばりました。
 平均燃費、 まだ二回目は入れていませんが、山道を飛ばしたので36km/ℓでした。最近あまり燃費が良くありません。以前は同じルートなら40kmは走ったはずなのにねぇ。
  
 

















.

[PR]

by gambaGX850 | 2016-11-13 14:25 | T90D タウンメイト | Comments(14)
2016年 09月 21日

メイトのパンク修理

タウンメイト90のパンク修理です。

 このブログで何度も書いているように私は自称『パンク大王』だったのです。だったと過去形に書いたのはここ数年まともなパンクは経験しておらず、そろそろこの名前も返上してもいいと内心思っていたのです。思い起こしても最後のパンク修理は同じくタウンメイトで、5年近く前の11月に仕事の帰りにバルブの虫の不良が原因のフラットタイヤで、釘を拾った訳じゃなかったのです。時期的にもリアタイヤの交換時期だったのでチューブ交換と一緒にリアタイヤも交換したのです。
 パンクで金属片(釘も含めて)を踏んずけるというのは自分の走る場所にも原因があるので、とても気をつけてデブリが集まっていそうな所は避けて走り、路肩も走らず、車の轍の中を走るようにしています。特に都内は田舎の道と違ってデブリの多い環境だと思えるのです。なんだかんだで結局10000kmに一度パンク修理している勘定なんですよ。

 さてさて、9月の始めの台風の来た朝、蒸し暑い中合羽を着込んでさぁメイトで出発!と思ったらなんだか妙に車体が低くて重い…あぁ原因はすぐに判った、経験ですぐにピンと来た。リアタイヤのパンクです。
 そそくさと合羽を脱ぎ、その日はジムニー・シエラで出勤。

 
a0290247_17444292.jpg
 仕事が終わって帰宅後何が刺さっているのか確認だ。ところが、不思議な事にどこにも何も刺さっていない。何度老眼の目を凝らしてみても刺さっていないものは刺さっていない。またバルブの不良?かと思いポンプで空気をパンパンに入れてみると、ゆっくりと時間を掛けてではあるけど、空気は抜けていく。

 
a0290247_17441836.jpg
 その日、職場に着いたら速攻でモノタロウにチューブを発注、これからのことを考えて一応二本。もうはじめからパンクの修理をするつもりはない、パッチを貼る手間ならチューブ交換したほうが早いし確実。だって、ちゃんとしたブリヂストン製が600円なんだよ。一年前にメイトにブロックタイヤを入れたときにチューブも新品に交換したばかりなんですけどね。

 そうして、週末の早朝、暑くなる前に修理を始めましょう。
 
a0290247_17443387.jpg
 順番にばらしてリアホイールを外し、タイヤを外してチューブ単体にして空気を入れてみる。ぱっと見にはどこにも穴は見えず、空気の漏れている音も聞こえないし、バルブが不良とも思えない。とにかく刺さった跡も見当たらないので、風呂場で桶に水を入れて原始的だけど一番確実な方法で確認する。そうしたら確かに空気が僅かに漏れているのを確認、それもチューブの外側ではなく、どちらかと言えば内側に僅かな穴が開いていた。これは俺が以前組んだ時に傷を付けてしまったのが、今頃穴が開いて漏れ出したのだろうか?修理するつもりはないけど、原因は探っておかないとね。

 
a0290247_17442487.jpg
 一番考えられるのはこの錆びた内側なんだよね。タイヤを外すたびにワイヤブラシでこそげ落としてなおかつ薄くグリスを塗っておくんだけど、その程度じゃぁ雨の日の通勤が多いので錆を防ぐのは無理なのかな。この錆の欠片がチューブに刺さった?又はリムバンドがずれてしまいスポークニップルが傷を付けた?その辺りはなんとも結論が出ないけど、今回も愚直に同じ処理をしてチューブを入れ替えました。

 
a0290247_17434780.jpg
 以前は自転車用の高圧ポンプでシコシコ入れていたけど、シガーソケットの電源で動かせる電動ポンプを手に入れたからはもっぱらこっちで楽しています。ブゥ~っていいながらあっという間に空気は満タンになりますよ。最近の車は軽量化のためにスペアタイヤを積まずにこういうポンプと修理剤のみが多いですね。これも以前乗っていたスイフト・スポーツに積んであったもの。

 
a0290247_17443754.jpg
 ホイールを組み上げる前にひと手間掛けます。実はホイールダンパーのヘタリと思える不快なショックとタンッ!という大き目の音がこのところ出ていたのです。ダンパーゴム自体を触ってみたけどガタは無いように見えましたが、0.5mmのアルミ板をエンブレが掛かると動く方向側に4枚入れてみました。キツキツでしたが、何とか入れました。
 これが効果てき面で、翌日の通勤時にエンブレが掛かった瞬間のショックと音が見事に消えていました。特に2速でエンブレが掛かるときに酷かったショックがまるでなくなり、やはりダンパーのヘタリが原因だったのがハッキリしました。たった90ccのバックトルクがここまで影響するとは思わなかったですね。
 それを思うとホイールダンパーを持たないTX650の駆動系に対するバックトルクの大きさが想像できますが、やはりエンブレ時、シフトダウン時により慎重になるべきでしょうね。


  結局原因が掴めないままパンクの修理は終わりました。指定の空気圧に入れて走ってみますと、やたら軽快で、今まで少し空気の少ない状態で走っていたのかな?と反省しました。
 願わくばこの作業はタイヤ交換の時だけにしたいものです。



















.


[PR]

by gambaGX850 | 2016-09-21 05:30 | T90D タウンメイト | Comments(14)
2016年 04月 25日

メーターゴム交換 ほか

 久しぶりにタウンメイト90の話です。

 この4月始めで我がTOWNMATE T90Dはめでたく購入から丸8年経ちました。ほぼ毎日の裏道通勤と年に二度三度のちびっ子里山ツーリングに引っ張り出し、順調に距離を伸ばしています。この8年間全くのトラブルフリーで納車直後のキャブレターのクレーム交換以外丸で手のかからずそのタフネス振りを甘受しております。年に一度のオイル交換と気が付いた時にチェーン調整と油さし位で全く手をかけていません。TX650への溺愛ぶりやTW225へのカスタムへの情熱とは全く違うテンションで淡々と酷使しております。それを健気にこなすタウンメイト90は本当に愛すべきバイクで、私の生涯の友でしょう。

 
a0290247_11475064.jpg
 乗り始めて一年近く経ったある日、メーターのマウントゴムにひび割れを発見しました。まだ買ってから一年しか経っていないのに何でこんな所のゴムにひびが入っちゃうのよ!と非常に憤慨いたしました。家に停めている時や職場ではメーター周りに日が当たらないようにとても気にしているので紫外線の影響は少なかったと思うんですよ。最近のゴムパーツは弱くなっているのかなぁ、ゴム製品の製造時の行程で環境問題があるようで耐久性が落ちたとも聞きますね。
 買ってすぐに気が付いていたにもかかわらず、その後6年以上ほっぽって置きました、酷い仕打ちです。

 
a0290247_1148260.jpg
 メーターを外して交換しましょう。ライトを外してメーターケーブルを回して外し、取り付けの変わった形の針金を外せばこのように抜けます。メーターの金属部分が新品のように綺麗なので驚き、ゴムパッキンが効果を維持していることが図らずもわかりました。

 
a0290247_11481291.jpg
 丸8年で走った距離がこれだけ、本当に通勤のみなので走っていません。新聞配達や郵政の使用ではこうは行きませんね。偉いぞメイト君。(昨日の朝19000kmに成りました。)

 
a0290247_11482295.jpg
 たったこれだけを部品注文するのが面倒だったのがそもそも交換が遅れた理由です。最近TWやTX650の純正部品をたくさん注文する機会があったのでついでに注文しました。
 以前乗ってたGX750改850やTXではあまり純正部品を注文することが無く、有っても海外からまとめて取る事が多く国内で部品を買う機会が無かったんですね。定価350円ほどでしたか。

 
a0290247_11483410.jpg
 外したゴムと新品の比較です。見事にひび割れていますね。これで雨が滲みこまなかったんだから大した物ですね。
新品のゴムはどの程度もつのでしょうか、またすぐひび割れてこないことを祈りましょう。ひび割れてもまた8年交換しないんだけど(笑)。部品が出てこなくなったら困るな。

 
a0290247_11484685.jpg
 この日とは別の日ですが、エンジンオイルも交換しておきました。酷使しているけど、オイル交換は一年に一度だけ。ほぼ2200km位の走行でした。毎年年間走行距離が2000km~2500km程度なんですよ。たまに気まぐれでツーリング(房総の林道とか)に行くと300kmほど走ったりしますが、それはまれなことです。
 厳密なことを言えば小排気量のバイクは普段から使う回転が高いのでいいオイルを短いスパンで交換してあげるべきでしょうが、恐ろしい使われ方をするビジネス車はこの程度でへこたれるエンジンではないはずです。チューニングモンキーとは基本的に違うノーマルエンジンです。

 
a0290247_11485727.jpg
 今回のオイルは少しだけ奮発してあげました。普段はなんてことは無い鉱物油やTXの継ぎ足し用の半合成オイルの残りとかです。今回もTX650の残りではあるのですが、PANOLINの化学合成油を入れました。
 TXでの使用感想なのですが、このオイルは密閉性が良いイメージが有りなんだかトルクが無駄なく発揮される感じがするんですよ、上手く表現できないのですが、ピストンリングの所の密閉が上がって爆発圧力が逃げない…そういうイメージかな。久しぶりにオイル交換の効果を体感できるオイルでしたのでメイトにも入れて見たいと思いました。さてどうなりますか、楽しみですね。

 
a0290247_1149847.jpg
 前回のTWの回にも書いたのですが、メイトも給油キャップを交換しています。ここも鍵で右に回した後キャップを右にねじるのですが、それがことごとく硬いのですよ。注油してもそういう問題じゃないのね、基本的に何かが硬い。給油頻度も高いのでその度に嫌な思いをしていたので交換しました。このキャップはなんとZ50Zモンキーのものです。口の大きさが一緒なのですね。Z50Zモンキーは車載することが出来るのですが、その時にタンクからガスが漏れないように蓋を締めるノブが付いているのですね。手持ちの備蓄の中から引っ張り出してきました。これで軽くひねって給油できるように成りました。
 ダイモテープで貼り付けてあるのがこのバイクを買った日にちです、丸8年経過しました。

 今回はこのあたりで、TWばかりいじっているんじゃなくてメイトもたまには手をかけてあげているんですよ。
















.
[PR]

by gambaGX850 | 2016-04-25 05:29 | T90D タウンメイト | Comments(12)
2015年 12月 01日

メイトで朝練

メイトの話を書きましょう。

 TXが車検そのほかの整備に引き取られていってしまい乗るバイクがなくなってしまいました。それじゃぁ久しぶりに自転車でも乗れば良いのに、何のことは無いエンジン付きの物に跨りたい。毎日通勤で乗っているのにたまには気分を変えてTXの朝練コースを走らせて見ましょう。
 どん曇りの週末でした、朝は気温10℃を切っているような日でした、しっかりと着込んでルーティーンの朝練コースをちっこいのでぶん回してみましょう、ひとりちびっ子ツーリングです。

 
a0290247_17432595.jpg
 この日はいつものバイク中間達は昨年走ったしまなみ海道に走りに行っているはずでした。私は今年は都合をつけることが出来ずにしまなみ海道ちびっこツーリングが出来ませんでした。
 悔しかったのでとりあえず大きな橋を渡ろうと東京ゲートブリッヂをメイトで渡ってみました。ここは走っている車がみんな速くてメイト90では必死の走りをしないと迷惑だし、うしろから迫られると非常に怖いのです。橋の手前の信号のタイミングを見計らい車が全部通り過ぎて赤信号になる直前にスタート、こうすればとりあえず後ろからしばらくは車が来ないはず。
 勢いをつければ何とか90ccでも70km近くはキープできましたが、非常にかわいそう、まさに鞭打つ状態。

 
a0290247_17433397.jpg
 大きな橋を渡り今度は長い長いトンネルをまた全開に近い速度で走ります。私の朝練コースはやたらトンネルが多いのです。周回コースには長短あわせて5本のトンネルが有ります、快音撒き散らせてTXで走るときはこんなに面白い場所が無いのにメイトは結構怖いかも。
 全く車通りの無くなるコースの途中では50kmでのんびり走り回りました。毎週走っているのにのんびり走ると景色が違って見えるのが新鮮。
 フロントキャリアの下に取り付けたスモールランプもこうして写真に撮ればけっこう光っているのが判ります。

 
a0290247_1743428.jpg
 お約束の場所でお約束の写真を撮りました。今までここで何台のバイクを撮ったことでしょう。GUZZI 1000S、CB750Four、R1150GS、R100S、HD FXDC、GX850、TX650、そして我が通勤快速にして最愛のバイク、タウンメイトT90D (笑)。
 ずっとこのまま長く乗り続けられることを願います。


 
a0290247_17443121.jpg
決まった周回コースがあればバイクを乗り換えた時にもその乗り味や癖をすぐ理解することが出来ます。もちろんもっと複雑なコースを走る時は大好きなホームコースの南房総の里山ワインディングを心いくまで走り回ります。メイトでも南房総の舗装林道めぐりを3度ほどしております、往復がきついんだけどねぇ。
 いつもの休憩場所で一服、荷物が積めるバイクは本当に楽で良いですね、この日も熱々のココアをポットに入れて走れました。
 Langlitz Leathers・・・まぁ笑ってやってください。

  
a0290247_17435678.jpg
 TXの時のように周回コースを何度も回るのはしんどいし、面倒くさいので適当に走って帰路に付きます。またトンネルで必死の全開をくれてゲートブリッヂの手前まで戻りました。結局どん曇りの空は晴れず寒いままの朝でした。しまなみ海道を楽しげに走っているであろう仲間たちを思って雨乞いしたのが自分に降りかかってきたのでしょう、このあと少し降られてしまいました。
 帰りに給油したら43km/ℓほど走っていました、あんなに回したのに大したものだな。普段の通勤では35kmをなかなか越えないのにね。


a0290247_17444127.jpg
 TX650はこんな感じで引き取られていきました。なんだか手放す時のような変な感情が湧きました。さぁ、じっくり手を入れてもらいましょうね。発電系の充実やチューブレスタイヤ装着のメドもついていよいよ安心してロングに行けるようになります。

 話は全く変わりますが、先日私よりふたつほど年上のSR乗りのおじさんと話が盛り上がった時に『35年以上乗っているけど一度しかパンクした事ねぇ』と。しかもその一回も林道で空気を抜きすぎてリム打ちしただけだ、と。その時私は指折り数えました・・・8回、8回でした!
 伊達に パンク大王 を自称していないですね、私のチューブレスへの改造の渇望が判ってもらえるでしょうか。
[PR]

by gambaGX850 | 2015-12-01 05:30 | T90D タウンメイト | Comments(14)
2015年 10月 27日

ちびっ子里山ツーリング・秋の陣

ちびっ子里山ツーリングの季節がやってまいりました。

 ふだん大きなバイクに乗っている(GUZZIやベベルDUCATI多し)おじさんたちが童心に帰り125cc以下の原付二種で真剣に里山を走り回ると言う毎回大好評の企画、ちびっ子里山ツーリング・秋の陣が今年も開催です。
 毎回埼玉県の県央の川島に集合し、秩父の手前奥武蔵の里山を走ります。今回は参加台数も過去最高になりそうです。

 
a0290247_1857406.jpg
 集合場所は私の家から60km弱の場所、7時半集合ですから夜明け前からの出発になります。前日の夜中に今年初めての木枯らしが吹いて寒い朝になりました。いつものように犬の散歩の後に出発しました。
 都内はまだ日も昇らず寒い中を90ccのタウンメイトは走り続けます。やっと埼玉との県境の戸田橋を渡った所で日が射してまいりました。自分の長い影を見ながらの走行です、一番寒い時間ですね。

 
a0290247_18575114.jpg
        あるちゅーのマーニさんより頂いた写真。
 今回の遠来賞は焼津からの参加のあみとうちゃん、軽トラに積み込んで夜中に出発した由。圏央道が繋がって近くなったとはいえ遥々ありがとうございます。簡単なミーティングのあとルマン式スタートです!(笑)

 
a0290247_1858142.jpg
 毎回主催者のどかまんさんが凝ったステッカーを作ってくれます。今回の図柄は途中の休憩場所にある個性的なダムの柄です。のちほど実際の写真がありますので比べてください。
 今回で5回目、ちびっ子ツーリング自体は8回目です。私は8枚のステッカーをメイトのレッグシールドの内側に貼り付けております。だいぶ貼る場所がなくなってきたよぉ。(しまなみ海道ちびっ子大会とか真冬の林道の会などあり)


 
a0290247_18581220.jpg
 今回の参加車の中で一番の長老がこの C115スポーツカブです。 OHVの55ccですがさすが世界のホンダ、出足は鈍いものの高回転の伸びは素晴らしく、自分より大きな排気量のバイクたちと堂々と渡り合いました。私のメイトなど相手になりませぬ。隣の行灯カブ70も侮れない高回転の伸びで高速バトル(笑)では90ccのメイトを抜き去ろうとします。大人気なくブロックしますが、ヴァレンティーノ・ロッシのような足癖の悪い悪さはしません。

 
a0290247_18582169.jpg
        再びあるちゅーのマーニさんより頂いた写真。
 相変わらず大喜びで笑う私。この日は先日手に入れて嬉しいLanglitzを着込んでの参加。何のことはない見せびらかしたくて着て行っただけのただの自己満足です。

 
a0290247_1858306.jpg
 街中を抜け山道に入りるとなにやらいつもと違う雰囲気。山の中の舗装林道をハイキングを楽しむ人たちがそれはそれは大行列で歩いています。紅葉の季節だからでしょうか、それとも何かの催しものでもあったのでしょうか。こちらはバイクですからすいませんねぇ状態でのんびり追い越して行きますが、林道道幅一杯に広がったおばさんたちには迷惑そうな顔を向けられました・・・でも一応公道なんだから左側を歩いてくださいよ。

 
a0290247_18583810.jpg
 第一の目的地の砂防ダムに到着です。秩父在住のTKさんのブログで紹介されていて『是非ここに行きたい!』というのが今回の企画の大目玉。
 なんと言うか、凄いデザインの砂防ダムですが、名づけて『号泣ダム』です。ここでまずはコーヒータイムです。ここに付くまでに通行止めや集団迷い子が発生したりですでに笑が絶えません。危うくぬたぬたダートに入り込む所でした。
 
 
a0290247_1858481.jpg
 いつものYAMAHAマグでコーヒーを頂きます。やっぱりYAMAHAですからめずらしいフォーゲルと記念撮影、今回の最小排気量です。
 コーヒー飲んで和んでいたら地元の方の草刈が始まってしまいあたふたとバイクを移動、その後エンジン付き草刈機が気になるおじさんたちが地元の方と談笑が始まりました。でも刈ったばかりの草の臭いが強くてコーヒーの味が判らないよぉ。

 
a0290247_18585515.jpg
 きれいに草の刈られたダムの前で記念撮影。小さいから顔出しで良いよね!
今回は過去最大の参加台数で18台でした、いよいよちびっ子の時代がやってきたのかな?わたしは夏にAT-1を手放してしまったので、今回はどうかなぁと自分でも思い悩む部分は有ったのですが、やはり穏やかなタウンメイト90で走って正解だったなぁと思いました。わたしには実用車が合っているようです。
 (それにしても試乗したCC110・クロスカブは恐ろしく出来が良くて焦りました、しかも60km/ℓ近く走るらしい)

 
a0290247_185948.jpg
 コーヒータイムの後は再びこのような林道を走り今度はちょっと山登りをしてお昼を食べることにします。
こういう長い上りではメイトは3速に入らず、2速でガァガァ言って登ります。なんだかかわいそう、カブの110ccが羨ましい。
         マジで カブ110Pro が欲しくなったなぁ、やばいなぁ。


 
a0290247_18591815.jpg
 関八州見晴台と言う所に登ります。たかだか10分ほどの山登りでしたが、息が切れ膝は痛いし、もうおっさんの運動不足が露わになります。これでも二年前のくるぶし骨折以降毎日ウォーキングは欠かしていないというのになぁ。
 ほんの少し霞んでしまいましたが、目を凝らせば新宿の高層ビル群も見えましたよ。

 
a0290247_18592859.jpg
 見晴らしの良い場所で各自朝コンビニで仕入れたお昼を頬張ります。こういう所で食べればコンビにおにぎりも大変美味しいし、みんなと馬鹿話をしながらの食事は楽しい。
 話が面白すぎてお尻が重くなってしまったけれども、そろそろ出発です。山登りは上りより下りが辛いのが定説で私もつま先と膝がとても強張ってつまづきそうで怖かった。転げ落ちたら笑いものだね。

 
a0290247_18593789.jpg
 昼飯の後は瀧を見に行くということに成りました。しばらく走ってバイクを置いて瀧までのそのそと歩きます。私はもう途中で暑くなってしまって(朝寒かったから結構着込んでいた)途中リタイヤ、道路脇でしゃがみこんでサボりました。
 帰りに釣堀で岩魚釣りを楽しんで見ました、私は釣らなかったけど、釣った分だけ料金が掛かるシステムで、しかも入れ食い状態になるのであっという間におしまい(笑)。
 自分で釣ったやつやすでに焼きあがっている岩魚や虹鱒を皆で頬張ります。

 そろそろ時間も良い感じになってきたので帰路に付きます。集合場所まで走りつつ三々五々離脱してそれぞれが帰路についていく流れ解散です。私も途中から離脱して家路に付きます。
 毎回参加しているのでだいぶ裏道も判って来たので、混んでいる大きな道を避けて裏道中心に大宮の手前くらいまで出て、戸田橋を渡って都内に入ります。日曜の夕暮れの都内は結構空いているので思ったより早く家の近くまで帰ってこれました。
 ところが薄暗い中でなんだか俺のメイトのライトが暗い・・・と思ったらライトが切れていた。あれぇいつ切れたんだろうか、ずっとこのまま走っていたのかな、危ないなぁ。仕方なくHighに切り替えて眩しいけど御免と言って走りました。メイトのヘッドライトは10000kmに一度切れるのか、今回で二回目。
 
 ツーリングの帰りに疲れたなぁと思うのは毎度のことだけど、今回は珍しく目が霞んだなぁ、一瞬眼鏡をし忘れたかと思ったよ。やはり年齢は隠せないものなのかな(苦笑)。

 本日の走行 201km 結構走ったと思ったのにこれだけだよ、12時間走った割には休憩時間が長い?まぁそれが楽しいから良いんだけども。
 平均燃費 ツーリング途中までで39km/ℓ 山の中の2速全開走行が祟ったか?

 こうして楽しかったちびっ子里山ツーリング・秋の陣は終わりました。あぁ楽しかったまた桜の季節にやろうね!
















 
[PR]

by gambaGX850 | 2015-10-27 05:37 | T90D タウンメイト | Comments(20)
2015年 07月 02日

メイトにブロックタイヤを

いよいよブロックタイヤの登場です。

 AT-1を手放してしまったので、ちびっ子OFFを走るバイクが無くなってしまいました、そこでメイトにブロックタイヤを履かせるというとんでもないことをします。通勤用と割り切って乗っていたにもかかわらずブロックタイヤを履かせるってどういうことよと思いますが、まぁ遊び半分ですから良いんです。若かりし頃ミニトレとかでブロックタイヤで街中を走り回っていた時を思えばそんなもんです。

  
a0290247_19361742.jpg
リアホイールを外します。やはりリアアクスルがサイレンサーに微妙に当たってしまうのでベルトでスイングアームを少しだけ上にあげてアクスルを抜きました。ビジネスバイクはスプロケットがそのまま車体に残るので便利ですね。このリアタイヤは一度交換しているので約8000km走ったことになります、ケチすれば後1000kmは走れたんじゃないでしょうか、ちょっと恐いけど。充分磨り減っております。

 
a0290247_1746328.jpg
 前も外します。順番的には前後同時じゃなかったのですが、とりあえず。前輪、後輪を順番に外していけばセンタースタンドがバランスして支えが無くてもちゃんと自立しています、こういうところも偉いですね。

 
a0290247_17464025.jpg
 タイヤのビードを落としているとすでに錆びのカスがポロポロと落ちて来る状態で、こりゃぁかなり錆びているなぁと思っていたのですが、ホイール単体にしたらびっくりするほど内側が錆びていました。特に後輪のバルブの穴を中心にさびが酷かったです。やはり雨の日の通勤は雨水がかなり入ってしまうものなのですね。前回の交換時はそこまで酷い錆びは見当たらず、軽く擦っておしまい程度だったんですよ。

 
a0290247_17464867.jpg
 今回はタイヤ交換より錆び取りのほうが時間が掛かりました。酷い所はマイナスドライバーでこそげ落として、金属ブラシで擦りました。この程度で良いかなと、結構疲れちゃった。
 気休めにリムには薄く油を塗っておきましたが、効果ないだろうなぁ。

 
a0290247_17465488.jpg
 リムバンドも交換です。ブリヂストンのMade in Japanです。リムバンドも時間と共にかなりくたびれてきてしまいますね。TXのはどうだったろうかと考えてしまいました。TXはそのうちチューブレス化する方向で検討中です。

 
a0290247_1747248.jpg
 チューブも新品に交換します。予備でもう一本持っていたのですが、実はタイヤを組み込む時にタイヤレバーで傷をつけてしまい空気が漏れてしまいました。非常に情けない状態で、シュ-シュー音がしていて膝から崩れ落ちるほどがっかりしました。本当に情け無いったらありゃしない、以前友人のMD90の時もやってしまった記憶がある。本当に慎重にやっているんだけど、ヘタなんだなぁ。

 
a0290247_17471166.jpg
 空気は車の電動空気入れで。以前乗っていたスイフトスポーツはスペアタイヤを積んでおらず、パンク修理キットとこの電動空気入れで修理するように成っていました。ジムニー・シエラから電源を取りブブブ~っと入れます、非常に楽でした。いつもは自転車用の高圧空気ポンプで入れているのですが、こっちが数段落だ、今度からはこっちでやろう。
 で、空気が入ったと思ったらどこからかシューシューと音がしてチューブを傷付けていたのが判って半泣きになりました。

 
a0290247_17471995.jpg
 ブロックタイヤ、どうでしょう? リムに嵌めると結構太いですね。
14インチのブロックタイヤはイノウエタイヤ(IRC)が、本当に偉いと思うのですが、ミニトレ用として作り続けているのです。今回メイトは前後14インチですので後輪用を二本買いました(前輪は15インチ)。
 余談ですが、GR50も前15後14インチなのですが、こちらのロードタイヤは作られていません。GRのオーナーは前輪の15インチが見つからず大変なようですね。

 
a0290247_17472699.jpg
 前輪です。フェンダーとの隙間も充分あり、問題なく取り付きました。ほんの少しハイトが高くなった気がします。それと指定の空気圧よりほんの少しだけ高めなのですが、ブロックのせいで倒し始めに切れ込みます、意識するより速く切れるので慣れるまでちょっと恐いですね。

 
a0290247_17473515.jpg
 後輪です。こちらは違和感無く乗れました。ところが40km/hくらいでちょうど共振するタイミングらしく、前後タイヤからのロードノイズが耳に入ります、当たり前といえば当たり前なんですが、新鮮です。AT-1でもロードノイズが有ったのでしょうが、排気音がうるさくて聞こえなかっただけなんですね!

乗った感じはどうでしょう?
アクセルを開けた瞬間の走り始めにコロコロッとしたブロックを感じますが、加速中はもう感じません。小さなコーナーで自分の感覚より早目に倒れ込もうとして少し焦りました、バンクのスピードが速いのです、そしてある程度倒れるとそのバンク角を維持しようとして起こす時に少し抵抗を感じます。40km/h位でスラロームするとかなり抵抗を感じながらのS字を描く感覚、今までより大げさなハンドリングに成りました。でもきっとブロックタイヤの感触ってこんなものなんだろうなぁ。空気圧を含めてもう少し遊んでみようと思っています、今は標準より少し高めの空気圧なのです(新品タイヤは成長するので落ち着くまで高めです)。
 外径はほんの僅かに大きいのでサイドスタンドで停まると倒れ方が深くなった気がします。これは慣れの問題でしょう。60km/hで巡航すると今までよりほんの少しエンジン回転が下がったか?とも思えますがこれは調べようが有りません。
 いずれにしろ、ブロックタイヤを入れた、という事で今回は満足です、楽しみたいと思います。
[PR]

by gambaGX850 | 2015-07-02 05:30 | T90D タウンメイト | Comments(18)
2015年 06月 20日

メイトのチェーン周り

タウンメイトもちゃんとお手入れしましょう。

 今年のゴールデンウイーク前にオイル交換をしたメイトでしたが、先日TXのチェーン周りを掃除したときにあまりの汚さで、こりゃぁメイトも凄いことになっているはずと思い重い腰を上げ、メイトのチェーン周りの掃除をすることにしました。この辺も一年に一度チェーン調整するときに見るだけで、普段は乗りっぱなしです。そういえば先日やっと17000kmになりました。7年目です、ここ最近では一番長く乗っているバイクです。

 
a0290247_1874781.jpg
 チェーンケース横の覗き穴のゴムを外して覗いたらチェーンの油が切れ掛かっていること、結構伸びていることが判りましたので『仕方なく』 チェーンケースを外すことにしました。大した手間じゃないのですが、あまりたるんでいなかったらチェーンを引っ張って覗き窓からオイルをくれて終わらそうとの魂胆だったのですが、そんなに甘くなかった。ちゃんとやりましょう。
 外したチェーンケースの下側です。見事にオイル汚れに砂埃とごみが混ざり合って積もっていました。これは一年分じゃぁ無いな、二年分か?はたまた…

 
a0290247_1875686.jpg
 柄の長いマイナスドライバーでゴリゴリ擦り取りました。そうしたらこれくらい出てきました。うほほ。
そういえばこのドライバーはもう30年物ですよ、始めは大切に使っていましたが、ボロくなるに従いタガネみたいな使い方をしたり、ゴミ掃除に使ったり・・・でも工具は捨てることが出来ないんだよなぁ。最後の最後までご奉公してもらいましょう。
 しかし、フルカーバードのチェーンケースにどこからこんなに泥ゴミが侵入してくるのでしょうか?不思議だ。


 
a0290247_188528.jpg
 ダル~ンと伸びたチェーンです。まだ充分引き代があるのでしばらく使いますよ。スプロケットも少し減り気味ですが、まだいけます。部品の耐久性は流石に日本製ですよね、このメイトは Made In Japan ですから。(部品の供給はどこだか知りませんが)
 リアアクスルシャフトはダブルナットで留められています、割りピンを抜いたあとに手前のロックナットを緩め奥のナットを緩めてチェーン調整をします。

 
a0290247_1881488.jpg
 いつもはチェーンソーのオイルをまぶしましたが、今回からはTX用に買った純正チェーンオイルを降り掛けます。もっと性能の良いチェーンオイルが有るのを知っているのですが、このスプレーを買ってしまったので使い切るまで次に手を出すことが出来ないケチ臭い男です。
 チェーンカバーの下側と取り付けておしまいです。

 翌日通勤で乗ってびっくりしました、全くチェーンノイズがしないのです。いつも地下駐車場に入れるときにニュートラルに入れ、エンジンを切って坂道を滑空させるのですが、普段でもほとんど音はしないのに、この日はもっと静かで、滑空する距離が違いました。やはり潤滑は大切ですね!
 
 この先チビて来た前後タイヤの交換もしなくては成りません。AT-1を手放してしまったので、ダートを走れるバイクが無くなってしまいメイトにブロックタイヤを履かせてみようかと思っています。通勤バイクになんでブロックタイヤ?と思わない訳でもないですが、昔はミニトレとかで普通に街中を走っていたじゃないですか、その延長ですと言い訳しましょう(笑)。もちろん里山ちっこ遊びでほんの少し走るダートを楽しみにしていますし、AT-1で遊んだ江戸川遡上ももう一度やろうと思っています。
 すでに14インチのブロックタイヤ(トライアル・ユニバーサルと同じパターン)は手配済みです。そのうち前後交換の話も書けるかと思います。
[PR]

by gambaGX850 | 2015-06-20 05:19 | T90D タウンメイト | Comments(29)
2015年 04月 15日

オイル交換とグリップ交換

メイトのオイル交換です。

 毎年この時期に書いている気がしますが、今年もメイトのオイル交換の季節です。メイトには厳しく接している(笑)私ですので、オイル交換は一年に一度しかしてあげません。それでも充分だと思っているのですが、本当は街中ばかり乗っているのでシビアコンディションと言ってもいいのかもしれません。
 ちょうど一年前のオイル交換から2185km走行ですが、これが多いのか少ないのか判りませんし、メイトのオイル交換スパンとしてはどの程度なものなのかも判りません。メイトが新車で(!)私の所に来て以来ずっとこの一年に一度のオイル交換で済ませています。新車の時のみ1000kmで一度交換しましたが。
 以来毎年4月に成るとオイル交換です、大体年間2000~2500kmほどの走行です。ちびっ子里山ツーリングがあるので距離が延びた時期もあったのですが、ちびっ子のほとんどをAT1が走るようになり距離が低値安定しました。ちなみにメイトが来て丸7年、16667kmの走行です、少ないですよね。


 
a0290247_17454116.jpg
 雨の週末でまたバイクに乗り損ねました。今年は3月からなぜだか週末に雨が降るという意地悪な天気です。
犬の散歩の後、いつものように暖機せず抜きにかかります。前戯無しでいきなりですから。まぁ見事に汚れたオイルが出てきますね。ドレンボルトが左側にあるのでサイドスタンドを掛けたままで抜くと傾きがちょうどいいですね。

 
a0290247_17455129.jpg
 入れるオイルですが、今回はこれです…入れ物だけBMW。実はこのボトルはR1150GS時代から使っているのですが、入り口に太いストローが付いていて使い勝手がいいのです。そのストロー状の注ぎ口を使って歴代のバイクのオイルの補充をしているのですが、毎回オイル交換の時に余る(TXならば500cc余る)オイルを継ぎ足して溜めておくボトルなのです。今回ちょうど溜めてあった量がメイトのオイル交換量と同じ800ccだったのでそのまま入れる事にしました。中身は鉱物系のオイルのブレンドです。10W-40と20W-50のごちゃ混ぜですが、充分でしょう。メイトにはいつも鉱物系を入れます、特にこだわりが有るわけではありません。メイトには厳しく接しています(笑)。

 
a0290247_17455912.jpg
 ドレンボルトの頭の二面幅が12mm、ボルトのネジ径も12mmです。銅のワッシャーは潰れが大きいので交換しました。正直言うと二回使いたかったけど。12mmのボルトなのに頭も12mmで回すからあまりきつく締めない方がいいです、外す時に困ることがありそうです。
 規定量の800ccを入れたらエンジンを掛けて安定させた後、ディップスティックでオイル量を測って適量ならば終了です。

 今回はグリップラバーも交換しました。
2月にハンドルガードを取り付けた時にノーマルのグリップエンドが貫通していなくて、無理やり手持ちのグリップを付けていましたので長さが合わず、ハンドル幅は妙に広く、握り心地もしっかり感が無くて交換しなくてはいかんと思っていました。やっと重い腰を上げ、短めの貫通グリップを手に入れました。

 
a0290247_17461069.jpg
 交換自体は何も問題なく、古い方をぐいぐい抜き新しい方の内側にパーツクリーナーをぶっ掛け、湿っているうちにぽんぽんと手のひらで叩き入れたらおしまいです。比べるとこれだけの長さの差があります。2cmくらい違うのかな。ハンドル幅がこれくらい違うとすり抜け性能に差が出ますね、ちょっと気になる。 
 
 
a0290247_17461955.jpg
 反対側も交換です。このヒダヒダのグリップはなかなか気持ちのいいもので、ヒダの分太くなるのに手の小さな私にも使いやすかったですよ。メイトには似合わなかったけど。交換したほうはちょっと味気ないデザインでしたね、TZグリップにすればよかったかな?(笑)

 これで雨の休日の朝の作業はおしまいです。翌週月曜から早速メイトのいつもの通勤しましたが、オイル交換の感触はまったく無しでした、ちょっと残念。逆にあの程度のオイル交換で激変したらちょっと問題ですけどね!
 グリップもはじめの5分くらいは握りの感触が違うので気になりましたが、あとは自然と馴染みました。そんなものなんですよね、こちらもちょっと残念でした。

 
  
 
a0290247_17463049.jpg
 数年に一度訪れる『革ジャン欲しい欲しい病』が発症しています。いい加減自分でももういいじゃんと思っているのですが、なぜか革ジャン欲しくなるんですよ。今でもすでに数着持っているのに定期的に革ジャン欲しいよぉと発作的に思うのです(このブログ以降さらに増えているのですが・・・) 。
 今回買ってもう打ち止めにしようかしら?それとも病膏肓に入る?一応革ジャンの王様だからなぁ(笑)。
[PR]

by gambaGX850 | 2015-04-15 05:30 | T90D タウンメイト | Comments(14)