日曜の朝にはYAMAHAに乗ろう

gambagx850.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 20日

ORBITRONを試す。

物は試しだから。

学生時代のバイク乗りの後輩が面白いものを作っているのでモニターにしてもらった。原理等は全く判らないけど、静電気をコントロールして車に作用するデヴァイスらしい。
 この手のものはマユツバモノが多く有るようで、果たして私に感じることが出来るのか興味津々で遊んでみました。色んなサイトでこの製品の効果が確認されておりどんなもんだろうかと好奇心はくすぐられます。今回取り付けたのは試作品で中身(笑)の量(?)が標準品より多いタイプでより効果が期待できるそうです、モニターの評判が良ければ市販化されるのかもしれません。

 前提条件として私の考えを書いておきます。
先日とあるメーカーのエンジニアとの話で出たことなんですが、すべてのエンジンは環境に影響を受けると言う事。当日の天気、気温、湿度などで出力の5%程度はすぐに変動すると言う事で、国土交通省に提出する性能もそのあたりを織り込み済みなんだそうで、エンジンがいつも必ずカタログ通りの出力を発揮しているとは限らないとのこと。
 また、皆さん必ず経験のあることだと思うのですが、今日のエンジンはやけに調子がいいとかなんだかいまいちレスポンスが悪いななんて感じることがあるはずです。後付けのデヴァイスを付けなくてもエンジンの好調/不調は(僅かにしても)普通にあるはずでして、それ感じない人もいれば敏感な人もいると。私は一台の車とバイクをしつこく乗り続けているので変化には敏感に反応できると自負しています、特に私のTX650に対しては。
 そして、高価なデヴァイスを付けたという効果を期待する下心が正確なインプレッションを阻害する可能性もあるはずだ。私は今回モニターだからお金を払っていないのでその点は少し緩和されるかもしれないけど。

 
a0290247_16464297.jpg
 定時に職場を飛び出して宅急便で届いたORBITRONをさっそくジムニーシエラに取り付けた、バッテリーのマイナスに接続するだけでいい、本体は金属部分を避けて取り付けたほうがいいと。効果は徐々に現れるらしいが、すぐにでも判る効果もあるとのこと。
 さぁ、さっそく乗ろう。わざと混んでいる帰宅ラッシュの町に出るのだ。
エンジンを掛けてすぐに判ったのはアイドリングのエンジン音が低くなった事、微振動も減った。4年4万km弱乗って身体に沁み込んだあの振動の感触が無い事、マニュアルシフトなのでクラッチを繋いだ時にエンジンの当たりがムニュって妙に柔らかいと言うことにもすぐ気が付いた。エンブレが弱くなるとも聞いていたけど、それは感じず。
 わざと意地悪して高目のギアで走るがいつもならビビるドア周りのビビリが無くなった、というかビビリの共振位置が変わってなおかつビビリ音が小さくなった。信号発進からポンポンとシフトアップして街中で5速まで入れてゆっくりとアクセルを開ける、車体が揺さぶられる事もなく何とか加速する、いつもなら左後方のどこからか聞こえてくる安っぽいビビリ音が低くなっている、消えてはいないけど。やはり振動が減ったか、共振周波数が変わったようだ。15kmほど走って確かに高目のギアで粘る感触はある。信号での歩くようなスピードの左折でも2速に入れっぱなしでこなす。ただし、ジムニー・シエラは全体にギア比が低めなので普段でも高目のギアで充分粘るし、私はそういう運転を常にしているので激変かと言えばどうなんだろうという感じはあった。

 翌日工具を買いに行くという息子に運転させていつもより遠回りさせて高速を使って工具屋に行く事にした。ブラインドテストをするつもりだったので何も言わずに乗せた。息子とはほぼ毎週末横浜まで夜の高速を往復する片道を運転させているので、変化があれば気付くはずだ。高速まで5分ほど、インターから走り始めてしばらくしてから『実はこういうのを付けている』と言うと判んねぇなぁという、あぁ、でもいつもの1800回転位のビビリ音が小さいねとそこは気が付いたよう。ギアを一段落とし、4速で高回転まで引っ張ってみるが『ウ~ン』って感じ、こいつが鈍感なのか、本当に感じないのか。帰りも高速でインターの上り坂を低めのギアで加速するが、あぁなんか少しスムーズな感じがするという。
 翌日私が通勤に使う、普段はタウンメイト90だけど、たまにはクルマで行ってみよう。雨の朝の流れのいい通勤路をいつもの様に走る確かに高目のギアで粘る感触はある。不思議と、重量があってばたつき気味の足回りもいつもより当たりが柔らかな気もするが、どうなんだ?
 
 その週末、横浜の先まで往復してガソリンを入れることにした。満タンから満タンではなく、100kmほどデヴァイスを付けない状態で走っているから正確な数値は出ないけど、参考までに、だ。434km走って34.28ℓ入った。12.7km/ℓだ。これは今まで4万km弱の平均燃費を下回る数値でした。
 ただし、説明が2点ある、1点目は私は流すような高速走行がほとんどで、400kmほとんど高速走行ということも珍しくない、通勤や混んだ街中にわざわざ出て走ることが滅多に無いので条件は悪かった。2点目は前回ブログで書いたようにTX650がリアタイヤのエア抜けを起こし、息子に迎えに来てもらってレスキューが来る1時間以上アイドリングでエアコンを効かせっぱなしにしていた事を考慮すればあながち悪くは無いとも言えるかもしれない。

 さぁ次はTX650に付けてみよう。
 
 
a0290247_16464208.jpg
 写真は配線が終わった所、この後シート下に入らないので、例の米軍背嚢に仕舞いこんでおいた。こちらもバッテリーのマイナスに接続しただけ、金属部分に取り付けないようサイドバッグにしまっておいた。

 さて、さっそく試乗だ。エンジン始動、この辺りは普段通りすぐに始動、暑いので暖機もすぐに済む。大通りに出て信号待ち、あれ?やっぱり振動が弱くなっている?どうなんだろ。数km走ってアイドリング時の揺れが緩やかな気がする、逆に特定の回転(3000回転位)で微振動が増えた。これも共振点がずれた事なんだろうか。
 シエラと同じようにポンポンとギアを上げていく、これもいつも通りの運転だから変化が有れば判るよ。アクセルをほんの少し戻してすぐ当てるような意地悪をするともたつかずちゃんと加速する。高目のギアでも車と同じような効果が有るようだ。でもこれはキャブレターのセットアップが上手くいった時には同じ感触だから判断が難しい。いつもの周回コースに向かい湾岸の70km/hをずっとキープするような流れの中でいつもより軽やかに回っている感じがある。わざと60km/hまで落としてそのままスイッと加速する、キャブの調子が出ていない時はここでたたらを踏むような失火が出ることが有るが、すんなり加速する。この行為はいつもキャブの中速のセットアップを確認する時にする行為で、燃えづらい状態での燃調の濃さと点火系の力強さを確認するにはいい方法です。この意地悪にもめげずにちゃんと加速するという事はキャブのセットアップを差し引いても効果が出ていると判断した。そう思えば法定速度プラスの巡行での振動が減っている気がする、80km/h位で少しきつめに出る振動がスピードの上昇と共に無くなりエンジンの快音と共に古いBMW(2ヴァルヴ)のような回り方をする、この感触は調子のいい時に出る感触だった。
 朝練周回路の右ヘアピンを回り込み二次旋回でアクセルを開け始めると新品タイヤの好感触と共に普段よりまろやかなエンジンの回り方をしながらコーナーを立ち上がっていく。気持ちがいいな。何度も試したくなります。
 今回一番判ったのは5速で加速できるギリギリまでスピードを下げてからの粘りとそこからのスムースな加速が向上しているのが判りました。この私のような走りをするとギアが一段高い分好燃費を期待できるかもしれません。

 翌日も朝早くから走り始め、いつものSAでみんなと談笑した後給油しました。
この日も早起きして2日連続で同じコースを走ります。感触は昨日と同じ、中間加速での繋がりが良くなったような気がする。50kmほど走った後に確認のためにバッテリーのマイナスから配線を外してみる、これで直前まで感じたのとの違いをハッキリさせられるはずだから。走り始めてここまでと同じく中速からの緩いアクセルの開けの時のスムースさ、失火の無さを確認すれば一番判り易いはず。どうか?う~ん、変わらないな、開け始めからの繋がりは相変わらずスムーズでいい感じで、昨日・今日との違いが判らん。振動に関しては確かに信号待ちでのエンジンの揺れ方が違うのは確認できる。中速加速の違いが判らないのははっきり言ってがっかりしたけど、やはり気持ちの部分が大きいものなのかな。
 高速でいつものパーキングに行って友人達と談笑ののち給油する、高いギアで粘る走りが出来ているなら燃費はどうなっているか確認だ。306km走って12.99ℓ給油して燃費は23.6km/ℓとここ最近では悪い部類、この1ヵ月以上25kmを超えるのは普通で24km台は一度しか記録していない。この結果はどう判断したらいいのでしょうか。
 エンジンが気持ちいいから回した?否、もう10年以上走っているコースで同じ走りかたをしてここまではっきり結果が悪い事は不調の時以外にない。1.5km~2km/ℓ落ちるのはキャブレターのセットアップを外した時くらいだから、今回は燃費に関しては良い結果を出すことが出来なかった。直近、2週間前に給油している時が25.2km/ℓで、気温の条件とかを思えば今回が特別悪くないのです。
 私の取り付け方が悪かった?TXとの相性が良くなかった? なんとも答えの出ない結果でした、が、結果は正直に書かないといけないでしょう。

 以上がまじめに正確に感じた通りの感想でした。



















.

[PR]

# by gambaGX850 | 2017-08-20 16:57 | SIERRA | Comments(8)