日曜の朝にはYAMAHAに乗ろう

gambagx850.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 06日

なんか変?の時。

更新が滞っております。

 なかなか下書きの作業が進まず、ブログをちっとも更新することが出来ません。
毎回の言い訳なのですが、TXを含めてTWもタウンメイトもしっかり乗っております。特にTXに関してはトラブルを脱してからは快調で、メイテナンスに関しても改めて書くようなことも無く(細かくいじっているのですが)、淡々と距離を重ねております。ちょっと気になるバイクができたので、試乗に行ったり、友人に情報を貰ったりもしていますが、TXの微調整での変化具合を楽しんでいますので乗り換えるとかの選択は今のところ無くTXいじりを楽しんでいます。

 かなり完成の域に達したTXですが、快調に成れば成るほど微細なところが気に成ったりしています。根本的に快調で無いバイクでは気付けない、踏み込むことが出来ない領域の微細な変化を触りつつ楽しんでいます。自分の好奇心を満足させるためだけに細かなセットアップの変化を確認し、如何に自分好みに、気持ちよく乗れるエンジンにするかそれ一点のみを探っています。もう有る意味パラノイアの世界に入り込んでいます。
 物凄く細かなメモがあるのですが、それをベースにブログ用に下書きを2度ほど書いたのですが、長文で、微細すぎて自分で読み返してもあまり面白くなく、どうしましょうかと考えている間に更新が滞っております。

しつこく乗り込んでいると、あれ今ちょっと点火をサボらなかったか? とか、開け始めで上手く燃えていない感じがするとか、この回転のクルージングはすっげぇ気持ちいい!とか、感じることがあるんですよ。あと、ずっと記録している燃費の変化を見つつ燃費の向上とエンジンフィーリングの向上を一挙両得に出来ないか、とか考えている訳です。

 時々、なんか変?と思う時が有って、どこかなぁって考えながら走っているのですが、思い当たるすべての場所から経験的に除外できる部分を外して徐々に原因を絞り込んでいくのですが、ぴったりと当たるのは1/3にも満たないでしょうね。巡り巡って遠回りして突き止めることがほとんど、見つけた瞬間・修理で上手く行った時の気持ち良さは何物にも替えがたいですよ。
 では、思い当たるすべての場所とはなんでしょうか、というのが今回の話です。

 エンジンのフィーリングが変かな?と思った瞬間に見るべきすべての場所(経験的に除外する前)は、

 吸気
 エアエレメントからインテイクマニホールドまでの経路の空気の異常吸い込み、と逆に詰まり。
 キャブレターの中でも、Pilot Screw、バタフライ同調、負圧ダイアフラム、ピストンの同調、Jet Needle段数(2/5~4/5段)、油面(23mm)、Needleの太さ/テーパーはいじって無ければ除外、MainJet/Pilot Jetの番数はいじっていなければ除外、MJホルダー(アトマイザー)の減り、バタフライシャフトのサイドシール。この辺はいくつか必ず確認。
 ガソリンコックの詰まり、ホース、タンクの中の錆、燃料の流れは定期的に確認。

 点火
 バッテリー(電圧)、配線(カプラ/ギボシ)、ポイント(ヒールの減り、ギャップ、タイミング)、点火タイミング/進角(タイミングライトで確認)、コンデンサー、点火コイル(抵抗値、火花目視)、ハイテンションコード(断線/漏電)、プラグキャップ(劣化)、プラグギャップ(番数込み)。プラグの焼け具合も吸気と点火の状態の確認になるけど、目安程度に。(セッティングほぼ決まっているので確認できるほどの燻りがないので参考程度の目視です)

 圧縮
 バルブクリアランス(IN0.10mm、EX0.15mm程度)、カムタイミング(Tマークで圧縮上死点を確認)、カムチェーン(テンショナーで確認)、ヴァルヴ当たり面(目視は無理)。このあたりは急に変化しないので定期確認。

a0290247_20275553.jpg

 そして、経験的に除外して残った所をまずは重点的に確認します。
 ⇒ポイントギャップ(接点面 ギャップ0.4mm、火花→コンデンサー)
 ⇒点火タイミング(Fマークを確認、進角)
 ⇒Pilot Screw調整 (とにかく下が合っていないとキャブはいじりようが無い)
 ⇒アイドル調整
 調整の幅があるのですべての調整の幅の中でも全部が悪い方向に重なってしまう可能性もあり(経験あり)、逆に言えば全てがいい方向に重なる可能性もあるので、その辺りをいつも探っているんです。
 上記四点の確認は私の乗り方(大きくアクセルを開け続けない、せいぜいJetNeedleの効果の中での走行、MainJetが効く様な回転の走行はほとんど無い)でも確認手順です。

 
a0290247_20275688.jpg
 タイヤも新品だし、エンジンは快調だし、走っていて本当に気持ちいいです。夏はお日様と共に走り出し早帰りが一番ですね。昼は冷房の効いた部屋で昼寝です。

 最近、定速からアクセルを開けてからの過渡特性とそこでの快音を気持ちよく感じるためだけにキャブをいじっています。徐々に煮詰まってきていますが、考えと実際の効果が大きく外れる事も多く、試行錯誤の連続ですが、経験を積んできつつありますので大分いい所まで来ています。たぶんTXを知らない人が乗ったら充分快調と思ってもらえるくらいです、一番初めに書いた快調なればこそのピンポイントの快楽探しです。
快調になれば燃費も向上しているのですが、さすがに天井を打った感があり朝練で25.8km/ℓが上限でした、それ以上を狙ってキャブをいじりましたが、フィーリングの悪化と燃焼温度の上昇(ほんと?)で怖そうなのでもう燃費狙いは止めました。

 
a0290247_20275518.jpg
 燃費を狙った時のプラグです。白いけど、走っている分には悪くないフィーリングでした。でも少し怖いので止めました。



 今日はこんな所です、なるべく判りやすく書いたつもりなんですが、下書きはもっとパラノイア的で酷いものでした(笑)。



















.

[PR]

# by gambaGX850 | 2017-08-06 20:28 | TX650 | Comments(4)